ペット火葬を利用する前に知っておきたいスタイルの違い

ペット火葬のバリエーション~最適な葬儀サービスを選ぶ方法~ ペット火葬のバリエーション~最適な葬儀サービスを選ぶ方法~

ペット火葬の種類を知ろう

ペット葬儀

ペット火葬と一口に言っても、合同火葬と個別火葬の2種類があります。最近増えている訪問火葬まで含めると、3種類の選択肢から希望に沿ったスタイルを選択します。それぞれの特徴を比較して、どのスタイルが望ましいか考えてみましょう。

ペット火葬の種類は主に3つ

合同火葬
合同火葬の場合、他のペットと一緒に火葬します。ご遺骨を振り分けることはできないので、後には何も残りません。火葬の立ち会いはできず、業者にご遺体を預けておまかせするスタイルです。他の子と一緒に旅立ちの時を迎えることになるため、亡くなってまで寂しい想いをさせるのは忍びないという飼い主さんにはおすすめです。
個別火葬
一匹ずつを単独で火葬して、ご遺骨を残すスタイルです。ペット火葬業者に全てお任せする一任個別火葬、ご家族が立ち会ってペットを見送る立会個別火葬の2種類があります。合同火葬と比較して値段が高く設定される形式ですが、お骨をメモリアルグッズにして残したい飼い主さんやお墓を作ってあげたい飼い主さんには支持されています。
訪問火葬
移動火葬車に出張依頼を出して、自宅の駐車場など開けた場所で火葬します。匂いや煙が出にくい特別な火葬炉を使用している業者に依頼すれば、ご近所の目も気になりません。ご遺骨はペット霊園に埋葬したり納骨施設に入れたり、飼い主さんの希望を考慮します。都心部だと24時間営業の業者も多く、家族全員でお見送りしたいファミリー層にも支持されます。

ペット火葬を行う意味とメリット

ペット火葬を行うとどんなメリットがあるのか、こだわりプランでご供養する意味について考えてみましょう。

ペット火葬は家族のために行うものでもある

合同火葬にしても個別火葬にしても、残された家族の心の整理をするために行います。火葬やご供養をする中で一緒に過ごした日々を思い出し「今迄ありがとう」という気持ちでお別れできるように準備します。ペットが亡くなるとぽっかり心に穴があいたような気持ちになって、寂しい日々が続きます。泣いてばかりいては旅立つペットが悲しくなってしまうので、心穏やかにお見送りすることで、新しい生活をスタートするきっかけにしましょう。

目的に応じて最適なペット火葬を選択しよう

ペット火葬にはいろいろなスタイルがあるので、複数業者を比較したうえ、家族の希望が叶うプランに決めましょう。想い出を残したい、お友達と一緒に旅立ってほしい、など飼い主さんによって要望はさまざまなので、目的に応じたペット火葬を選びます。どれがいいか決めかねる場合は、気になる業者に問い合わせしながら詳細を詰めていくのも一つの手です。火葬方法やご供養スタイルなどいろいろな観点から比較して、詳細見積もりをとったうえで満足がいくプランを考えてみましょう。

TOPボタン